切り紙日記

アナログよりの日々を切り紙とともに綴ります

日常のこと

月曜日から金曜日まで

フルタイムで、大学の研究室で

実験のお手伝いをしている。

まもなく12年。

モーネの通信講座を受けだしたのが4年前。それまでも、気まぐれでアレコレモノ作りはしていたけれど、キリガミで個展のお話をいただいたのが、2年前の秋頃。

そこから、必死にキリガミと向き合うようになり、去年の秋にモーネ工房のギャラリーでドウブツキリガミ展を開いていただいた。去年から1年半、モーネの生活造形コースに 福岡から京都へ 月に1回から3回通った。だんだんと表現したい欲求が膨らんで、作ったものをご購入くださる方も増えてきて、本当に有難いこと。

表現することで、できれば、こちらをメインに生きていきたい。

フルタイムで働いているから、やれているのかもしれないし、

フルタイムで、生活のために働いているから、表現する時間がたりなくて、

こうして身体のリズムを崩してしまう、、、

表現しようとするとき、

イデアが湧かなくて、

自分の好きが出てこなくて苦しいことも多いけれど、それを超える喜びと幸福感を味わっている。

これで、生きていけるようになるのが、

私の目標☺︎

今日は、慣れない画像処理などをやって

今に至る。来年の2月に ドウブツ を描く作家さんたちを集めた本に 参加させていただくことになり、15日締め切りギリギリまで取り組んだ。

データの処理がイマイチで、やり直してダメ元で再投稿。

どんな風にしあがるのか、恐くもあり、楽しみでもある。

明日は15日の分の実験をしに、大学へ。早く寝よう。

明日も心地好い一日でありますように。

f:id:makarooni:20171216033622j:image

サトウアキコでした☺︎

 

地下鉄ポスター

福岡市営地下鉄福大前駅のマナー啓発ポスターのキリガミを担当させていただきました。

吹き出しキャッチを九州大学大学院生三名にご担当いただいて、
印刷会社さんに2メートル大に印刷していただきました。

12月25日に除幕式があり、

来年の4月末ごろまで掲示いただけるようです。

みなさんの目にとまると嬉しいです。

出来上がりも楽しみです。

 

納品前の作品です。

特にリュック を車内では前にからいなおしてね、と促したい とのことでした。学生さんたちの考えたキャッチが、

荷物をギュッで 笑顔が増えるで チュウ

だったので、乗車前と乗車後を。

f:id:makarooni:20171216003854j:image 

 f:id:makarooni:20171216003922j:image

 マナー違反

f:id:makarooni:20171216004011j:image

マナー上手

f:id:makarooni:20171216004031j:image 

ジャンケンゲーム

f:id:makarooni:20171212155601j:image

 

今週末の締め切りと格闘中

来年2月に発売予定の本に

載せていただく ドウブツキリガミを

キリガミ中、、、

ジャンケンして負けたら

後ろにつながっていくゲーム。

小さい頃、よく遊びました。

意味がないよーなことに日が暮れるまで

没頭してたなぁ、、、

色付けするかしないか

2日ぶりにムスカリ

放っておいたせいか、

一枚葉が折れていた、、、

窓際に置いていて、

カーテンが風に吹かれて、

それでかなぁ、、、

ごめんね、ムスカリ

f:id:makarooni:20171208233011j:image

色付けするかしないか

すごく悩む。

f:id:makarooni:20171208233119j:image

悩んだ分 

次に得るものがあると

思えるようになってきた(笑)

 

おやすみなさい

また明日♩

 

 

マスター

f:id:makarooni:20171208134241j:image

福岡にある 珈琲美美で3年半、

週末だけアルバイトをしていたことがありました。

珈琲に興味が湧いて今はなき、カフェ・ド・カッファの珈琲教室に通ったのが

すべての始まりになりました。

珈琲美美では給仕と豆売り。

大学生以来の接客業で、

ドキドキ冷や冷やすることばかりでした。

ものを知らないので会話をするのが、あまり得意でなくて、

接客になっていなかったこと多々あったと思います。

失礼もいっぱいだったと思います。

 

とにかく、心に誓っていたのは、

自分の機嫌は自分でとる。

機嫌よく働くこと。

 

マスターは、父と同じ歳だったけれど、

父とはタイプが随分違っていて、

僭越ながら、ハイカラで、お茶目で、

変化を凄く楽しんである人だったように思います。

珈琲に対して嘘のない真摯な態度で向き合っている人。

あくまでも私の主観です。

私はどちらかというと、変化することに対して不誠実な印象を持っていて、

だからいろんなことに不自由な苦しさを感じて生きていて、、、

マスターに出会えて学んだことに、

変化してチャレンジし続ける姿ってカッコイイということ。

生涯自分の好きに直向きなマスターの近くにいられたことは、

本当に幸運なことだなぁと思っています。

 

ラクダの切り紙は、マスターをイメージして以前切ったものです。

 

ドリップをされている手も

なんだかラクダの様で。

 

珈琲美美、40周年、おめでとうございます。